かめらせいかつ。一眼レフカメラ上達のためのブログ

趣味の一眼レフカメラのことを中心に。

マクロレンズ練習! タムキューで須磨離宮公園を撮り歩く。

みなさん、マクロレンズは好きですか?

 

好きだけど毎回同じような写真になる。ピント合わせるのが難しい。

そんな声も多く聞きます。

そこで今回はマクロレンズ1本でお出掛けし、存分に練習してきたのでご報告します。

 

 目次

 

マクロレンズ練習! タムキューで須磨離宮公園を撮り歩く。

撮影地紹介

コスパ最高なお寿司!増田屋平磯店

www.sushi-masudaya.jp

今回初めて訪れたお寿司屋さんです。

美味しいお寿司がお手頃で頂けることで有名。あまりにもコスパ抜群だったため、ランチだけでなくディナーも同じ店に行ってしまいました。

ネタも大きくて本当に美味しかった。

f:id:kawadai0007:20180205154043j:plain

須磨離宮公園

www.kobe-park.or.jp

2月のこの時期は蝋梅が見頃です。

園内には温室もあり、普段見る機会が少ない草花も通年楽しむことが可能です。

暖かくなってからも楽しそうな場所ですね。

 

使用機器紹介

今回使用したレンズはTAMRON 単焦点マクロレンズ SP 90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (F004N)

 

タムキューの愛称で古くから親しまれ、マクロレンズなので草花の撮影には当然のように大活躍。しかし、このレンズはそれだけではないのです。

マクロ撮影だけでなく、ポートレートからスナップから、何から何まで、非常に優しく映し出してくれる名玉。ほんと素敵。

 

このレンズはフルサイズ対応ですが、APS-Cで使用していることで1.5倍の焦点距離135mmとなっています。

 

 

いざ撮影!

まずは腹ごしらえ

神戸市垂水区にある増田屋 平磯店にて昼食をとりました。

食べ物を撮るにもマクロレンズは適していますが、今回は焦点距離に苦戦しました。

 

135mmは望遠寄り。椅子に座った状態でテーブルの上全てを写すことができません。

かなり体を引いてよくやく寿司一貫を画面に収めることが出来ました。

f:id:kawadai0007:20180205155414j:plain

f:id:kawadai0007:20180205155523j:plain

f:id:kawadai0007:20180205155602j:plain

撮影条件はF値開放。シャッター速度を上げるためISO感度も必要量上げています。

 

屋内撮影だったたこともあり、光量確保のために開放としましたが、アナゴの先端がボケてしまいました。もう少し絞る方が良かったか。

この辺のバランス感覚も今後身につけていきたいです。

 

須磨離宮公園で撮影

いざ撮影を!と意気込んできたのに、公園に着いた瞬間まさかの雨、、、orz

すぐ止みそうだったのでシャボン玉遊びに興じて一休み。

f:id:kawadai0007:20180205160500j:plain

10年以上ぶりでしたが、かなり楽しかったです。いつかじっくりシャボン玉撮影をしたいです。

 

そうこうしているうちに雨も上がり撮影再開

f:id:kawadai0007:20180205160709j:plain

f:id:kawadai0007:20180205160753j:plain

マクロレンズは等倍で撮影できるレンズ。

しかし、等倍でしか撮っていけないレンズではありません。マクロを含む自分の好きな距離で撮れるレンズと解釈すると表現の幅が広がります。

 

季節柄まだまだ花が多いわけではありませんでしたが、ポツンと咲いている花の撮影も中々楽しいものです。

 

続いて蝋梅。

こちらは今が見頃らしく、あたり一面とてもいい匂いで満ちていました。

f:id:kawadai0007:20180205161113j:plain

 雨上がりの情緒を出そうと、あえて曇り空を背景に、コントラスト低めに仕上げてみました。しっとりした雰囲気が出てればいいいいなぁ。

 

f:id:kawadai0007:20180205164005j:plain

鈴生りの蝋梅

奥にある蝋梅にピントを合わせ、F値は小さめ。前ボケ、背後ボケ狙いです。

ついでにレタッチで周辺減光をかけ、主役のビジュアルウェイトを上げています。

お気に入りの一枚。

 

いいですよね、タムキュー。

柔らかな空気感なのに、写るべきところはしっかりと描写されていて、とても色っぽい写真になります。

 

ここからは園内温室での写真です。

外が寒く身体が冷え切っていたので、中に入ってホッと一息。

 

ここまであまりマクロらしい写真はなかったですが、定番もおさえておこうということでパシャり。

f:id:kawadai0007:20180205164456j:plain

うーん、悪くはないですが、、、ありきたり?

接写すると主役以外はフレームアウトします。言い換えれば画面に主役しかいなくなってしまう。

それが単調になる原因かもしれません。

水滴や昆虫も一緒に写すと映えるかもしれませんね。

 

他にもこういうのはどうでしょう?

f:id:kawadai0007:20180205164735j:plain

同じように接写してますが、こちらは葉のパターンがグルっと視線を動かします。

マクロレンズを使用する際には、細部のパターンを上手く取り込むと面白い。

 

そして最後に室内をブラブラしながらスナップ。

f:id:kawadai0007:20180205164958j:plain

こういうのも好き。

 

いかがだったでしょうか。

今日はマクロレンズの練習報告でした。

単調にマクロ撮影するのではなく、いろいろな技術の引き出しを増やしていきたいと思った1日でした:)

 

ニコン単焦点レンズの練習報告はこちらです。

 

kawadai0007.hatenablog.com