かめらせいかつ。一眼レフカメラ上達のためのブログ

趣味の一眼レフカメラのことを中心に。

「いずれはフルサイズ!」な私が標準レンズを買い換えるなら。フルサイズ対応?APS-C専用?

みなさんは標準域のレンズは何をお使いでしょうか。

 

ズームでしょうか。それとも画質重視で単焦点でしょうか。

純正? サードパーティ

 

NikonAPS-C d5500を使用する私は、キットレンズであるAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6 G VR Ⅱ を使用しています。

 

 こちらのレンズ、キットレンズとして販売されているだけあって、非常に軽くクセの少ない良いレンズです。

d5500 と組み合わせると1kgに満たないという驚きの軽さ。

本体とレンズですよ? 一眼レフですよ?

 

素晴らしい。軽いは正義です。

f:id:kawadai0007:20180108191923j:plain

しかしそんな優秀なレンズですが、使っていると思うわけです。

 

もう少し個性があってもいいんじゃないか、大人し過ぎやしませんか、、、?と。

 

単焦点と比較すると解像度が見劣りするのは仕方ない。分かってはいるんです。

だからせめてもう少しだけでも明るさが欲しい。

背景を思いっきりボカして主役を引き立てたいじゃないですか。もう一段SSを稼ぎたい時もあるじゃないですか!

 

と、前回同じく前置きが長くなってしまいました。反省。

 

つまり標準域のレンズを買い換えたいというお話です。

 

前回の記事

kawadai0007.hatenablog.com

こちらでもお話しさせていただきましたが、私の中にはいずれはフルサイズに乗り換えたいという目標があります。

そんな私が、APS-C専用であるキットレンズからどのレンズにすると幸せになれるか、お付き合いいただけると嬉しく思います。

 

まず選択肢として4つ、挙げてみます。

なお、できるだけ撮影枚数を増やして上達しよう作戦を実施しているため今回は単焦点は除外いたしました。そして、フルサイズを購入するのはまだまだ先の話です。使い勝手を考えるとAPS-C専用レンズももちろん候補に入れていきます。

 

APS-C専用純正標準ズーム 

AF-S DX Zoom NIKKOR 17-55mm f/2.8 IF-ED 

 35mm換算で25.5-82.5mm。まさに標準ズーム。

今まで使っていたキットレンズとほぼ同じ焦点距離、かつF値2.8!

作例もすっごく素敵。

 

早速ですが皆様、探していたレンズ、これなんじゃないですか?

さてさてお値段はいかほど?

 

15万円、、、、。たっか、、、、。

 

はい、茶番でしたね。分かっていました。d750買えちゃいそう。

 

次はAF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4 ED VR

 価格は落ち着きほぼ同じ10万円。まだ手は出せません。

しかし、DXレンズ初のナノクリスタルコート。憧れます。

 

純正はやはり価格面でのハードルが高いです。

 

APS-C専用サードパーティ標準ズーム

sigma 17-50mm f/2.8 EX DG OS HSM

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM ニコン用 APS-C専用 583552

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM ニコン用 APS-C専用 583552

 

 シグマのレンズは細部まで写し出す解像度が魅力。

広角レンズを一本持っていますが、風景や物撮りにはすごく役立ってくれています。こちらの価格はなんと3万円弱。こういうの待ってました。

 

tamron SP 17-50mm F/2.8 XR Dill VC

 こちらは価格6万円ほど。なんと手ぶれ補正が付いていないものだと2万円前後と驚きの安さです。

タムロンの手ぶれ補正は強力で、個人的には欲しいところです。普段使いの標準ズームにはある方がいいよなぁ。悩ましい。

タムロンは暖色系の写りが素晴らしく、ポートレートや夕景など、色っぽい仕上がりに。

 

さて、ここまでAPS-C専用レンズでした。

こうしてみると本当に垂涎モノばかり。本音を言えばもうこの中から選んでしまいたい。

ですが、私はいずれフルサイズ!と誓いを立てている身。APS-Cレンズを購入してしまうと、それらを活かせなくなる日が来てしまいます。

そのため、フルサイズ対応レンズも検討しておきましょう。

f:id:kawadai0007:20180108220020j:plain

 

 ③フルサイズ対応純正標準ズーム

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED

言わずと知れた大三元。候補に入れることすら恐れ多いことは重々承知しています。

しかし、夢くらい見たっていいじゃないですか。

 後光が射して見えますね。拝みたい。

そのお値段なんと23万円! 

夢すら醒めます。憧れのまま置いておきましょう。これを詳しく検討することをレンズ沼という気さえします。

 

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G EDVR

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR フルサイズ対応
 

 こちらは小三元と呼ばれ、0.5段暗いF値4です。d750のキットレンズとして選ぶことができます。単体で買うと11万円。

キットレンズにすれば格安で手に入ることからも、現状では候補から外れてしまいます。

APS-C専用レンズを買うならば、こちらをキットレンズにするのが現実的ですね。

 

そして最後

④フルサイズ対応サードパーティ標準ズーム 

sigma Art 24-70mm f/2.8DG OS HSM

SIGMA 標準ズームレンズ Art 24-70mm F2.8 DG OS HSM ニコン用 フルサイズ対応

SIGMA 標準ズームレンズ Art 24-70mm F2.8 DG OS HSM ニコン用 フルサイズ対応

 

 Artシリーズはシグマが「最高の光学性能と豊かな表現力に集中して開発」と銘打っています。解像度が凄まじい。

 

tamron SP 24-70mm f/2.8 Di VC USD A007

 価格としてはシグマよりは手が出しやすい10万円前後ですね。そして言及すべきはやはり手ぶれ補正。さすがのタムロン様との噂です。

 

正直な話、ここまでくれば私のレベルでは詳しく解説なんてできません。ですが、タムロンとシグマでは出てくる画に明確な差があります。

はい、あとは好みです。

 

さて、本当に長くなってしまいましたがそろそろまとめです。

お付き合いいただいた方、本当にありがとうございます。

 

ここまで見てきて候補に残るのはAPS-C専用のシグマとタムロン、それぞれ17-50mm

これらの場合は将来的にd750とキットレンズを購入する形になるでしょうか。トータル出費でみると、シグマ3万円 or タムロン6万円に加えてd750とキットレンズ、合計で25-28万円。

 

フルサイズなら画的にはタムロンが好みで、値段もそちらがお手頃です。

こちらのトータルはタムロン10万円とd750単体で16万円、合計26万円。そして最終的にはサードパーティ大三元が手元に残ります。

 

もちろん、一概に金額中心で決めるのは間違ってるのは理解しております。

しかし現実という大きな大きな壁があるのも事実。

そして、やはり大三元という響きは人を惹きつけて仕方がない、、、。

 

ということで決定!

 

私の欲しいレンズはtamron SP 24-70mm f/2.8 Di VC USD A007

 

お金を貯めてtamron SP 24-70mm f/2.8 Di VC USD A007を購入します!

f:id:kawadai0007:20180108222621j:plain

いかがだったでしょうか。

現在APS-Cを使用し、いずれはフルサイズを夢見る皆様の少しでも参考になれば幸いです。