かめらせいかつ。一眼レフカメラ上達のためのブログ

趣味の一眼レフカメラのことを中心に。

悩んだらまずはこの構図? 写真の基本、三分割構図

今日は構図のお話です。

 

構図には様々なものがあります。

その中で最も基本となり、かつこれを選べばまず大ハズレは回避できる魔法の構図。

 

三分割構図のご紹介です。

 

まず基本的なところから。

 

三分割構図とは、下図の線上または交点に対象物を配置することで、バランスが取れ安定するというものです。

 

f:id:kawadai0007:20180102233257j:plain

 

置き方にも様々あるかと思いますが、いくつか作例もご覧ください。

 

 

まずは三分割構図を使用していないもの

f:id:kawadai0007:20180102234102j:plain

 

上の写真は三分割構図を使用せず、画面上下いっぱいに落ち葉を拡大することで主役感を引き立たせることを狙ってみました。

 

うーん。悪くはないですが、これをやるのであればもっと背景を工夫するなり、落ち葉という主役を引き立てる副題が欲しいところです。

 

f:id:kawadai0007:20180102234410j:plain

 

こちらは右上交点に落ち葉を配置してみました。

 

上の写真と比べて安定感があることがお分かりいただけるかと思います。

 

どの交点を使用するかは人それぞれ、様々なシチュエーションがあるかと思います。

一説には人は左から右に物を見る傾向にあり、右側に置く方が視覚的に安定するというお話もあるそうな。

 

f:id:kawadai0007:20180102234756j:plain

 

そして次は交点だけでなく線上の利用法です。

 

f:id:kawadai0007:20180102234845j:plain

 

手前の柱を右垂直線に、奥の柱を左垂直線に配置した例です。

 

f:id:kawadai0007:20180102235104j:plain

 

こちらは水平線を意識的に下1/3に配置してみました。

 

地平線や水平線で三分割構図を利用する場合、メインとなる被写体がどこにあるのかで三分割構図の水平線上下どちらを利用するのか決めるといいでしょう。

 

今回の場合、淡路島にのびる明石海峡大橋がメインの被写体です。

つまり、そちらにビジュアルウェイト(視覚的重み)を強調したい。

ということで、上の空間を広く取るために下水平線を利用したというわけです。

 

これが海に浮かぶ船が主題なら、水平線の位置もまた変わったかもしれません。

 

 

このように、交点や線上をうまく利用することで、安定した、また撮影者の意図が伝わりやすい写真を撮ることができます。

 

以上、ざっくりと三分割構図のご紹介でした。

 

意識的にこの構図を取り入れて、少しでも満足のいく写真に近付いていきましょう!